専門の機器

エステ

皮膚のトラブルの診療科目は、皮膚科です。アレルギーが原因の場合は、アレルギー科でも対応できます。
皮膚科やアレルギー科では、医学的な観点から治療を行います。そして、もとの状態の皮膚に改善していきます。
皮膚科やアレルギー科の治療に類似・競合するものは美容外科です。美容外科では、見た目の美しさを整える観点から施術を行います。
具体的には、シミ・しわ・そばかす・ニキビ跡の解消などです。それらを取り除くことで、美しい肌に導きます。
アレルギー科では、これらの皮膚症状の診療には対応していません。皮膚科については、シミ・そばかす・ニキビ跡に対してごく一部の医療機関でのみ診療を実施ています。
しかし、しわとアンチエイジングケアは診療の対象外です。

美容外科における皮膚治療は、投薬ではありません。患者の肌の状態や、希望に沿ってさまざまな医療機器を使用します。
たとえば、シミやソバカスなどの色素沈着を改善する場合は、フォトフェイシャルやレーザーを用いて対応します。医療用の機器なので、強い出力で施術できます。
ゆえに、エステサロンのフォトフェイシャル機器よりも効果が高いといえます。レーザーは、濃い色素沈着に有効です。
しわは、美容成分入りの溶液を注入して解消します。また、美容外科ではニキビ跡やいぼも治療することができます。
それらは、炭酸ガスを使用したレーザーを使用します。それによって、ニキビ跡やいぼで凹凸ができた肌をなめらかに整えます。
さらには、身体の手術跡を薄くする治療も可能です。

Copyright(c)2015 目の下のたるみを治療する方法は原因によって変わってきます。